栃木県青年神職むすび会
活動報告

栃木県青年神職むすび会は創立五十五周年を迎えました。記念事業といたしましてサイパン島戦没者慰霊祭を斎行致しました。

栃木県青年神職むすび会は創立五十五周年を迎えました。
記念事業といたしましてサイパン島戦没者慰霊祭を斎行致しました。。

北マリアナ諸島サイパン島北部、この地の戦の末期に日本兵・在留邦人が身を投げたスーサイドクリフと呼ばれる崖のあるマッピ山の麓であり、かつ最後のサイパン島日本軍司令部が置かれていたラストコマンドポストの隣に中部太平洋戦没者の碑は建てられています。この碑は中部太平洋の諸島及び海域で戦没された約十一万三百名の慰霊のために昭和四十九年に日本政府によって建てられ、平成十七年には天皇皇后両陛下が行幸啓あそばされました。此処で浄衣に身を包み、下妻斎主による祭詞奏上を始め、祭文奏上、浦安の舞奉納と、慰霊祭は厳かに執り行われ、御霊の永遠に安らかなることを、お祈り申し上げました。

当日、祭場を装飾す
saipan01

saipan02

saipan03

saipan04

saipan05

saipan06

時刻、斎主以下祭員参進
saipan07

saipan08

修祓
saipan09

saipan10

降霊の儀
saipan11

神饌を供す
saipan12

祝詞を奏す
saipan13

saipan14

祭文を奏す
saipan15

saipan16

楽を奏す
saipan17

saipan18

saipan19

saipan20

玉串を奉りて拝礼
saipan21

saipan22

saipan23

神饌を徹す
saipan24

saipan25

昇霊の儀
saipan26

慰霊祭の後には彩帆香取神社の参拝をはじめ、様々な戦跡や歴史的施設などの見学に向かいました。日本人自決の場所であるスーサイドクリフ・バンザイクリフには様々な団体により慰霊碑が建てられ、現在でも定期的に慰霊事業が行われているとのことでした。山の岩肌には艦砲射撃の痕が見られ、被弾した施設や兵器などが七十年余り経った今でも保存されており、当時の日本人の技術力の高さや戦闘の激しさ、惨状が伺えました。

サイパン香取神社
saipan27

saipan28

saipan29

saipan30

スーサイドクリフ
saipan31

saipan32

シュガーキングパーク
saipan33

バンザイクリフ
saipan34

saipan35

ラストコマンドポスト
saipan36

saipan37

saipan38

旧日本海軍航空基地跡
saipan39

saipan40

saipan41

saipan42

黒木大隊慰霊碑
saipan43

saipan44

saipan45

日本刑務所跡
saipan46

saipan47

saipan48

サイパンにて慰霊祭を斎行でき、現状を直に目で見て肌で感じられたことは何にも代えがたい貴重な経験となりました。この旅で学んだことを今後に生かし、また遍く伝えていくことが我々の使命かと存じます。結びに今回の慰霊の旅を支えてくださったすべての方に心より感謝申し上げます。

研修・広報勉強会

平成28年12月13日、栃木県青年神職むすび会の研修委員会と広報委員会合同勉強会を栃木県神社庁において開催いたしました。

 

第一部

『日本の防衛と自衛隊』

講師:防衛省自衛隊栃木地方協力本部 本部長 奥村晶一(一等陸佐)氏

 

ご多忙な中、栃木県青年神職むすび会の勉強会のためにお時間を割いて御講演くださいました。

 

現在の中国の軍事動向や、防衛費がどのような内実になっているか、平和安全法制といわゆる駆けつけ警護、国際平和協力活動等について、

豊富な資料で非常に分かりやすくお話をしてくださいました。

 

dscn6266_r

dscn6268_r

dscn6275-1_r

dscn6280-1_r

dscn6282_r

dscn6284_r

 

第二部

『写真の撮り方講習会』

講師:ライター&カメラマン 小堀大助氏

 

小堀さんは、雑誌に写真や記事を提供されている方であり、青年神職会で作っている会報や、奉務神社における広報・宣伝で使う写真を

 

どのように撮ると伝わりやすいのか、

伝えるにはどのように撮ったらいいのか、

 

というポイントを、写真を比較しながら理解しやすくお話くださいました。

 

講演のあとは実際にカメラやスマートフォンを使い、写真撮影を実践したり、集合写真を撮ったりして、実地に勉強しました。

 

dscn6286_r

dscn6289_r

dscn6298_r

dscn6299_r

dscn6300-1_r

dscn6324-1_r

dscn6306_r

私が撮った集合写真↑

dscn6309_r

小堀氏が撮った集合写真↑

dscn6317_r

小堀氏が笑顔で撮るための方法を実践しながらの集合写真↑

dscn6337_r

 

今回の勉強会では、

自衛隊の講演と写真の撮り方講習という異色の組合せではありましたが、

9月の田尾先生の講演に続いて実際に国防の任に就かれている奥村本部長さんのお話と、

雑誌に使われる写真を撮るために『いかに伝えるか、どう伝わるか』を第一に考えて

写真を撮っていらっしゃる小堀さんのお話は、生きた情報を学ぶとても良い機会になりました。

 

奥村晶一本部長様

小堀大助様

貴重な講演、まことにありがとうございました。

 

写真:広報 根本

文責:広報 根本

臨時総会

平成28年11月29日(火)、栃木県神社庁において次年度の役員改選に伴う、臨時総会が開催されました。

次年度からの体制が決まる大切な総会です。

attachment01-2

神宮遥拝

 

attachment02-2

敬神生活の綱領唱和(先導 寺内庶務)

 

attachment03-2

栁田会長挨拶

 

attachment04-2

栁田会長挨拶

 

attachment01

議事進行(下妻議長)

 

attachment04

第一子誕生祝い 大柿監事

 

attachment02

閉会の挨拶(福田副会長・次期むすび会会長)

 

新体制も概ね決まり、次年度にむけてさらに盛り上げていけるよう、

頑張っていきたいと思います。

 

≪次年度からの新体制 現時点での確定人事≫

会長 福田有宏

副会長 下妻大介 田邉雅祥

監事 栁田耕史 沼部泰幸 寺内誉迪

議長 岩松史恵

副議長 黒本裕子

事務局長 上野敬則

会計 和田晋典

庶務 小林迪寛

【地区代表幹事】

中央地区代表 外鯨泰子

北東部地区代表 根本直樹

西部地区代表 池口敦

南部地区代表 黒川裕正

 

文章・写真:根本

広報委員会 広報研修会

平成28年10月4日(火)、むすび会広報委員会企画の広報研修を行いました。

当日は、午前10~12時まで浜離宮三井ビルにある(株)電通パブリックリレーションズ本社へ伺い

(株)電通パブリックリレーションズ

コミュニケーションデザイン局

コーポレートコミュニケーション戦略室

コーポレートコミュニケーション戦略部

シニア・コンサルタントの細川一成(ほそかわ かずなり)氏と

(株)電通パブリックリレーションズ

第3ディレクション局

シニア・アドバイザーの昆弘人(こん ひろと)氏に

『広報におけるウェブの活用』と題する講義をいただきました。

 

今や当たり前になっているインターネットも、15年まえの1日あたりの接触時間に比べると4倍を超える伸びになっているようですが、

一方で、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4大メディア接触時間は軒並み減少しているようです。

 

平成25年に、初めてインターネット利用者が1億人を突破し、国民の85%近い人々が現在日本で利用しています。

 

これは、平成25年にガラケーを上回ったスマートフォンの普及とも密接に繋がっているようです。(ただし、50代以上は圧倒的にガラケーが多い)

つまり、20代以下の世代はインターネットとの接触時間がメディア接触時間の大部分を占め、

一方で、60代以上の世代はインターネットの接触時間が極めて少ないという現実があります。

 

ネットの接触時間が伸びている最大の要因は、ソーシャルメディアが普及してきたことです。

このソーシャルメディアの普及が情報流通の構造を複雑に変化させているのです。

 

こうして複雑に変化した情報流通構造で言えることは、

情報は届かない ということ。。。

 

1日に発信されている情報のうち、受け取られている(見られている)情報は、たったの0.004%だそうです。(平成21年で)

つまり、99.996%の情報は受け取られることなく、発信されただけの情報となっているわけです。。。

 

そこで、こうした複雑な情報流通構造の中で情報を伝えていくには、

発信したい情報にある加工をして発信することが今現在考えられている最良の方法だそうです。

 

それは、当日伺った吾々会員がしっかりと学んできました。

image1

attachment00-2_r

 

午後2~4時までは、東京都綾瀬にある(株)東京マルイ本社へ伺い、

営業広報部係長の島村優(しまむら まさる)氏に

東京マルイの広報業務と広報についてお話をいただきました。

 

私(広報委員長)は大学生のころ、この会社のイベントスタッフとして働かせていただいていたので、

島村さんとは11年ぶりの再会でした。

 

東京マルイの広報に関すること、

東京マルイという会社の成り立ち、

いかにして国内9割のシェアを獲得するに至ったのか、など

2時間にわたって詳細にお話いただきました。

 

attachment00-1_r

attachment01-1_r

attachment01_r

インターネット普及に伴って情報発信をいかにしていくべきなのか、

そして、企業がどういった方針で広報活動に取り組んでいるのか。

 

訪問した会員にとっては、今後の神社広報を行っていく上で、

極めて有意義な研修となったことと思います。

 

文責:根本

写真:根本・山本・毛利OB

 

憲法改正 講演会

8月19日、『神職が取り組む憲法改正運動』と題した研修委員会主催の講演会が、

栃木県神社庁に於いて開催されました。

憲法改正の議論が盛んになってきている今だからこそ、

憲法研究家である田尾憲男先生を講師にお迎えして、

約2時間に及ぶ貴重な講演を拝聴いたしました。

現在の日本国憲法には大きな問題点が3つあります。

①天皇制の問題 ②国軍の問題 ③神道と政教分離の問題です。

さらに、そもそも日本国憲法に欠けている事項があります。

例えば、緊急非常事態条項や家族保護条項、環境保全条項などです。

その原因は、日本国憲法がGHQのマッカーサーノートに基づき、急ピッチで作られた欠陥憲法であることと、日本が米国に二度と戦火を交えることがなきよう、徹底した弱体化政策を反映したものであるからです。

日本には、世界で最も古い憲法である『憲法十七条』を始め、明治の近代化に伴って自主的に創り上げた優れた憲法である、大日本帝国憲法があります。

元首たる天皇の主権が明文化され、国の非常時には天皇が勅令や命令を発して、国と人民、主権の及ぶ領土領海を守ることができたのです。

日本人が日本人の手で作り上げた憲法こそ、日本の憲法として本来あるべき姿だと思います。

そして今年、衆参議院で与党が三分の二の議席を確保した今、世界で最も改正困難な憲法を持つ日本は、ようやく憲法改正への好機を得られたのです。

昭和45年11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて割腹自殺を遂げた三島由紀夫の言葉は今、

吾々にどう響くでしょうか。

昭和44年10月21日の国際反戦デー闘争時に自衛隊の治安出動が行われず、

自民党は強大な警察力のみで鎮圧しました。

現在、尖閣に中国の海警と民兵の船が200隻も300隻もやってきているのに、

海上保安庁の巡視船のみでの対処に任せ、海上警備行動に移さない状況は、

昭和44年の状況がそのまま反映されているように思えてなりません。

三島が当時味わった深い失望を、吾々までが味わってはならないのです。

 

DSCN5501_R

田尾憲男先生

DSCN5504_R

栁田むすび会会長挨拶

DSCN5507_R

DSCN5519_R

DSCN5520_R

DSCN5528_R
『・・・ 去年の10.21から1年間、俺は自衛隊が怒るのを待ってた。

もうこれで憲法改正のチャンスはない。

自衛隊が国軍になる日はない。

建軍の本義はない。

それを私は最も嘆いていたんだ。

自衛隊にとって建軍の本義とはなんだ。

日本を守ること。

日本を守るとはなんだ。

日本を守るとは、天皇を中心とする歴史と文化の 伝統を守ることである。・・・』

(三島由紀夫 陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地での演説より)

 

文責:広報委員長 根本

写真:広報委員 齊藤