栃木県青年神職むすび会
活動報告

男体山登拝研修会 本番

八月十一日、男体山登拝研修会が開催されました。コロナ禍における参集しての研修が儘ならぬ中、感染症対策に万全を期して執り行われ、会員十四名と日光二荒山神社権禰宜福田有宏様、合わせて十五名が参加しました。本年はオリンピックの影響で山の日が八月八日に変更されましたが、本来は八月十一日が山の日です。

研修会当日は、午前六時四十五分に日光二荒山神社中宮祠社殿前にて開講式を行い、霊峰入山にあたり日光二荒山神社町井権禰宜様によるお祓いを受け、心身を清めていただきました。開講式の時点で、既に五十名以上が入山しているとのお話を伺い、これほどまでに沢山の方が奥宮を目指す意味とは何か、この研修でより一層自らを研磨しようと会員それぞれが志をもって登拝を開始しました。

台風の影響が心配されていた天候は見事な快晴となり、むすび会第二十三代会長である福田有宏様の引率のもと、安全に配慮しながら歩を進めました。登山道は、緩やかな道もあれば岩場に手をかけて登る急峻な道もあり、滑りやすい勾配に足元をとられる場面もありました。

 

3ECD5636-F8B0-4033-9B94-57D8044986A7
開講式

9675F028-6D42-4F76-9577-252ADB8BF4781
町井権禰宜様による修祓

4DCAF615-2FCC-4219-ADBB-16998A06882F

C2B5F504-6C85-49FB-9901-901E051232F9

D7CF4F2D-6A97-40CC-AF74-8C05F35CEA06

F997835F-7F01-4634-AECF-4D4F5C8335D2
登山風景

 

午前十一時、男体山山頂に到着しました。山頂の冷んやりとした風は心地よく、必死に登ってきた汗も引き、肌寒ささえ感じました。天に向かってそびえ立つ御神剣と、山頂に鎮座する御神像前からの眺めは、まさに絶景でした。御神山男体山の神々しさを肌で感じ、千二百年を越える昔から登拝祭が守り継がれ、年間数万人もの登拝者がいることの意味を実感しました。奥宮で無事に登頂できた感謝を込めて参拝し、コロナの早期終息を願って大祓詞を全員で奏上いたしました。

 

09867DF6-2CB0-4C7B-B7B8-9A852F4ABF93

EBF7A564-7D46-4E6E-90D2-C0C41AACF6D3
奥宮での大祓詞奏上

山頂では男体山登拝歴七百回を超えるという鈴木栄次様と出会い、男体山の歴史や下山時のコツなどのお話を伺いながら山を下りました。この経験も大変貴重な研修の一環となりました。

登山道の滑りやすい斜面には木杭で打たれた無数の土嚢が置かれていたり、勾配のある場所では土留めに加えて木片と土を固めた階段が誂えていたりしました。そのおかげで、登りで酷使した足が救われました。また、道中にはゴミなどがひとつも見当たらず、これも男体山がいかに人々から愛され親しまれている山であり、崇敬されている霊峰であるのかを表しているのだと感じました。

休憩の折々には会員同士の会話もはずみ、お互いに親睦を図りながら怪我もなく全員が無事に登拝研修を修めることができました。大変有意義な研修となりました。

 

01DF0136-E6EA-4DF6-8346-3E0868D0DFDB
山頂での集合写真

 

 

文責:林靖大

写真:研修・広報委員会

編輯:星野宇洲

男体山登拝研修会 下見登拝

令和3年8月3日、11日に予定している男体山登拝研修会の下見登拝に、研修・広報委員会の齊藤委員長、根本・篠崎両副委員長にて下見登拝を行ってきました。

当日の天気予報では晴れ。しかし、午前6時に中宮祠へ到着すると雨が降っていました。

午前6時20分に登拝を開始しましたが、3合目で強い雨になったため一度やむなく下山しました。

 

下山後、中宮祠に出社してきた第23代 福田会長に経緯をお話ししたところ、

「山の天気は変わりやすい、雨ではなくて晴れる予報なんだから降っている雨もすぐに止む。ここで帰ったら何の収穫もないよ。もう一回登った方がいい。」

とご助言をいただき、再度チャレンジすることとしました。

 

助言いただいた通り、ときどき雲の流れで視界がガスとなるものの雨に降られることはなく、むしろ晴れ間が差し込むことが多かったです。

 

予想していたよりも体力的に大変でしたし、下見で気づくことも大変多くありました。

 

山頂からの眺めは格別で、とても素晴らしい雲海の眺めでした。

 

この下見の経験を11日の本番に活かして、無事成功へ導きたいと思います。

 

35984629-1C9C-4A03-A7CA-6A446128D0B4
朝覗いた晴れ間

689931B0-5D65-4A38-A98C-7775DBCACA9D
再チャレンジでは天気も良好でした

BCE26511-A48A-47AE-8A37-219168CDE572(1)
9合目を過ぎると雲海の眺め

7E9D2AF9-457A-4129-88BD-86E7B3A01892
山頂目前

E1832B93-9543-4EED-897C-25BB0B141963(1)
雲海の眺め

0C54C763-B953-42AE-8845-2FBCB18DF127
奥宮での大祓詞奏上

IMG_5328
記念撮影

 

写真・文責(副委員長 根本)

第59回むすび会定例総会

令和3年5月17日(月)、栃木県神社庁において第59回むすび会定例総会を開催いたしました。

昨年はコロナ禍の影響で書面決議となりましたが、本年は総会のみ実施いたしました。

DSCN1979

DSCN1986

DSCN1980
会長挨拶 第25代会長 上野敬則

 

来る6月17日に神青協一都七県協議会総会を宇都宮二荒山神社会館で開催する予定となっており、来年にはむすび会創立60周年記念事業を実施する予定です。

 

DSCN1988

また、本年度入会の新入会員2名(星野宇洲さん、石田達也さん)のうち、総会には日光二荒山神社 出仕の星野宇洲さんが参加されました。

今後、同年代の同志と相互に高め合い、親睦を深めつつ、むすび会の事業にも積極的に参加していただきたいと思います。

 

会報掲載用

 

文章・写真:研修・広報委員会 根本

平成30年8月24日、第1回祭式合同研修会を栃木県神社庁において開催致しました。

平成30年8月24日、第1回祭式合同研修会を栃木県神社庁において開催致しました。
今回から会員以外の先輩方にもご案内申し上げ、総勢16名で研鑽の汗を流しました。

<開講式>

kensyukai20180824_01

<午前の部(基本作法・応用祭式)>

kensyukai20180824_02

kensyukai20180824_03

kensyukai20180824_04

<午後の部(衣紋)>

kensyukai20180824_05

kensyukai20180824_06

kensyukai20180824_07

栃木県青年神職むすび会は創立五十五周年を迎えました。

栃木県青年神職むすび会は創立五十五周年を迎えました。
平成30年5月30日には日光において栃木県青年神職むすび会創立五十五周年記念大会、
日光田母沢御用邸記念公園講堂にて記念式典・記念講演、日光千姫物語にて祝賀会を開催致しました。

第一部
記念式典

img55_01

多くの皆様方に御臨席を賜り、記念式典を盛大に開催することができましたこと、謹んで感謝申し上げます。

第二部
記念講演
『神社護持と創成への活路 ~神職が果たす役割とは~』
講師:株式会社小西美術工藝社 代表取締役社長 デービット・アトキンソン先生

img55_02

img55_03

英国出身で文化財修復等の分野に携わるデービット・アトキンソン氏を講師に招き、日本の迎える人口減少・少子高齢化社会において、日本人がどう問題に向き合い、既成概念に囚われずに解決法を探すか。その点について、実例を交えながらの貴重な講話を聴くことが出来ました。